現役外資系コンサルタント虎の巻 就職・転職希望者必見

コンサルティング業界の実情から採用面接時のポイントまで現役の外資系コンサルタントの視点から切り込みます。たまに時事問題についても語る予定です。

スポンサーリンク

ロジカルに生きろとまでは言わないけど、もう少し疑うことを知ってほしい

スポンサーリンク

すべての人にロジカルに生きろとまでは言いませんが、

周りの人に、「もう少し考えて行動してほしいなぁ」

と思うことはありませんか。

 

私がコンサルタントという職業柄なのかもしれませんが、

日常生活において、そのように感じることが多々あります。

f:id:ktr_dl_1:20200209225350j:plain

 

 

新幹線での出来事

以前、毎週、新幹線に乗る必要があるプロジェクトで仕事をしていた時に

金曜日の夜に新幹線の終電に乗ると、2週連続で自分の指定席に他人が乗っていたことがありました。

 

気が長い私も内心、勘弁してくれよ、と思いましたが、

感情を表に出すことなく、乗務員を呼んで対処しました。

 

ただ、その1週目のトラブルの際に、

私が新幹線の乗務員とともに、当該の席に座っている女性に

「そのB席は私の席なんですけど、切符見せてもらえませんか」

と言うと、

その女性が

「私の席はA席なんですが、
隣の男性(A席に座っている)も同じ切符だったので、

代わりにB席に座っています」

と平然と言い放ちました。

 

いやいやいやいや、

そんなことありえないでしょ

と内心ツッコミたくなりましたが、

そこは冷静に乗務員が切符を確認したところ、

その女性は乗る新幹線を間違えていました。

 

 で、一言

「じゃあ、私どうすれば良いんですか?」

 正直、私は

知らんがな

と思いましたが、

乗務員さんは丁寧に自由席に移動してください、

と伝えていました。

 

多分、自由席も満席で空きなかったと思いますし、

おそらく、その女性はずっと立ちで過ごしたと思います。

 

と言うか、

二人のチケットが重複していたから、

とりあえず、その時点で空いている隣の席の座るという解決策を取る

という意味が分かりません。

 

後からその席の人が来たら困ることなんて、

目に見えてるのに、

ちょっと考えたら他の人に迷惑をかけることなんて容易に想像がつくのに、

まさしく想像力の欠如です。

 

 なんで、二人のチケットの席番号が一緒か?

と言う根本の原因に対して、なぁなぁで流した結果、

そのような結末になったのだと思います。

 

今回の出来事を踏まえた示唆

 少しでもおかしいな?

と思うことがあった場合には、

何故そのような現象・事象が発生したか?

少なくとも人に迷惑をかけていないか?

はしっかりと考えて行動してほしいものです。

 

自分中心的かつ、その場しのぎでの解決策しか取れない人は、

社会人として仕事もできない可能性も高いですし、

本当に勘弁して欲しいです。

 

私は、コンサルタントという職業側、

日ごろから何故そうなったのか、

本当にその解決策を取れば問題ないか、

考える癖付けはできていますが、

 

少しでも多くの人に、

人に迷惑をかけないレベルで

根本原因の追究・解決策の推敲は

意識しながら過ごして生活して欲しいものです。