現役外資系コンサル虎の巻【コンサルへの就職・中途未経験の転職希望者必見の情報満載】

コンサルティング業界の実情から採用面接時のポイントまで現役の外資系コンサルタントの視点から切り込みます。たまに時事問題についても語る予定です。

30代未経験でのコンサル転職はアリか、ナシか?

スポンサーリンク

総合系コンサルティングファーム等が近年採用を拡大しており、

最近はコンサルティングファームの門戸がかなり広がっている様に感じています。

 

某転職サイトのCMでもとりあえず、コンサルに応募しよう

みたいな表現があったりして、コンサルへの転職が

以前より身近な存在になっているのかなと思います。

(その反面、コンサルの業務内容に対する理解が進んでいるとは思いませんが。)

 

加えて、コンサル転職に対する年齢のハードルも年々緩くなっていると感じています。

とは言っても、私は30代未経験でのコンサル転職は基本的にはナシと考えています。

理由は、以下で説明します。

 

f:id:ktr_dl_1:20200928135248p:plain

 

 

コンサル大量採用の背景

近年、コンサルの採用が拡大している背景には、

一部のファームがコンサルビジネスを人海戦術的なビジネスとして

展開して始めていることが要因だと考えています。

 

IT導入のPMOの現場張り付き要員、RPA導入の現行業務整理コンサル等、

そんなに成熟したコンサルスキルが必要ではない場面にも、

人手としてコンサルタントが必要にはなっています。

RPA導入なんかは、導入して終わりみたいなビジネスではなく、

導入後も数百万円/年みたいなフィーが発生する
最近、流行りのサブスクリプションサービスのような体系を取っているので、

労力に対して、ファームとしては実入りがよいビジネスになっています。

 

加えて、社会の流れ的に働き方改革を進めましょう!

という動きがあるので、一人のコンサルを長時間働かせることが難しくなっています。

 

そのため、総合系のファームを中心に、

とりあえず(質に関係なく)人を採用しろ!

とりあえず人を稼働させろ!

 という動きがあり、

従前に比べると薄利多売型の人海戦術ビジネスを展開しているため、

転職時の採用基準もかなり緩くなっています。

 

加えて、こんな背景もあります↓ 

www.co-osk.work

 

30代未経験からのコンサル転職はオススメしない

上述した通り、以前は転職エージェントから、

「コンサルファームにその歳で未経験で転職するのは無理でしょう」

と言われていた人も、転職エージェントから

「今は採用拡大中だからコンサルファームに転職できますよ」

と言われるようになり、

実際、周囲を見ると30代の未経験でコンサルへ転職する人が増えている気がします。

 

ですが、私はオススメしません。

(ITベンダー出身者は、コンサル業務経験者と言えるので、ここでは除外します。)

 

その理由は、3点あります。

 

1点目:基礎スキル習得に時間が掛かる

コンサルファームは事業会社と比較すると業務内容や業務作法(資料の作り方、プロジェクトの進め方)が大きく異なっており、慣れるのに時間を要します。

 

前職で、どんなにスタープレイヤーであったとしても、

そもそもの作法を身に付けるのに一定の時間を要します。

 

また10年以上の社会人生活の中で、無意識の「自分の型」ができてしまっており、

30代でそれらを素直に受け入れて、自分のモノにすることができる人が少ないです。

 

2点目:コンサルで学べることにそれほどの価値がない

そもそも30代までに築き上げた自分の地位を捨ててまで、

多くのことを学べる環境にあるか?キャリアアップできる環境にあるか?

と言われると、Noだと思うからです。

 

確かにコンサルっぽい資料が作れたり、情報を奇麗に整理して伝えたり、

ロジカルに物事の問題の本質を考えたり、コンサルぽくなることはできると思います。

しかし、飽くまでそういった能力はコンサル業界で重宝される基礎能力です。

 

しかも、そういった基礎能力が高い20代~30代前半の元コンサルなんて、

転職市場に山ほど溢れています。

 

30代で転職・入社してから、そこを仮に磨いたとしても

今後の社会人生活で武器にできるほどの強みにすることは

難しいと思います。

 

3点目:ポストコンサルのキャリアが描きにくい

2点目と少し重複するのですが、コンサルを辞めて転職した後(ポストコンサル)のキャリアを構築しにくいと言うことです。

 

おそらく皆さんご存じだと思いますが、コンサル業界にはUP or OUTと呼ばれる、

出世できなければファームを去るしかないという、厳しい文化が未だ残っています。

加えて、入社してからパートナーにやマネージングディレクターと言われる役員クラスに迄、上り詰めるのはかなり険しい道です。

 

加えて、もし仮にパートナーになれたとしても、

自部門の業績が悪ければ簡単にクビが飛びます。

 

そういう状況を踏まえると、コンサルを辞めた後に、何をするか?

という次のステップについては常に考えて行動しないといけません。

 

しかし、仮にコンサルへの転職が35歳だった場合、

3年間頑張って働いた後に転職しようとしても既に38歳になってしまいます。

そもそも最低でも3年間はコンサルとして稼働していないと転職市場で評価されにくいですし、昇進(プロモーション)歴もあった方が良いです。

 

38歳の3年、コンサル業界に身を置いただけの人が、

年収を下げずに転職しようと思うので、選択肢が限りなく少ないです。

結果として競合ファームに転職するしかない、という人も多く見かけます。

 

加えて、最近は転職市場でもコンサル出身者の質が落ちてきており、

事業会社側も元コンサルと言うだけで採用したいと思わない

という声も良く聞きます。

 

つまり、コンサルになったとしても、その後に望むようなキャリアを形成しにくいです。

 

上記を踏まえると、

私は30代でのコンサルへの転職はオススメしません。