現役外資系コンサルタント虎の巻 就職・転職希望者必見

コンサルティング業界の実情から採用面接時のポイントまで現役の外資系コンサルタントの視点から切り込みます。たまに時事問題についても語る予定です。

スポンサーリンク

マスクが街から消えた?マスクの入荷目途について

スポンサーリンク

以前、私が記事にした新型コロナウイルスの件、
まだまだ感染が拡大しています。

 

www.co-osk.work

 

専門家の推測も
当初の感染力は低い
から
感染力は強い、
へと変化していますので、

皆様お気を付けください。

 

感染予防には、インフルエンザ予防と同様の対策が有効で、
手洗い・うがい、マスクの着用が推奨されています。

 

ただし、マスクがどこに行っても売っていません。

 

私も、

この土曜、日曜だけで近くのドラッグストアを10件ほど回ったのですが、
全てのお店で品切れになっていました。

 

実家に住む母親にも近くでマスクは売っていないか、
聞いてみたのですが、どこも品切れということでした。

 

ネット上には売ってないこともないですが、
50枚10,000円とか、普段の20倍くらいの価格

やってられないですね。

 

今回は、今後の入荷の目途を予測すべく、色々と調査してみました。

 

 

 

そもそもマスクの生産地はどこ?

少し古いデータにはなりますが、
2018年のデータによると日本に流通しているマスクは、
80%が海外生産、20%が国内生産となっています。

f:id:ktr_dl_1:20200203114036p:plain

 

出所:一般社団法人 日本衛生材料工業連合会 | 統計情報

 

どこの国で生産されているか、

と言う内訳についても少し調べてみたのですが、
正確な情報は載っておりませんでした。

 

単価が安くて、それほど高度な技術力が不要と言う製品特性、

最近の報道内容に

私の経験を加味すると、

おそらく大多数は中国で生産されている

と考えられます。

www.nikkei.com

 

 

マスクの需要が世界で一番多いのは確実に中国であるため、

日本向けの供給には少し時間がかかる可能性もありますが、

日系メーカーが自社向けに現地でマスクを生産しているケースも多い

と考えられますので、

結論として入荷のリードタイムに、それほど大きな影響はないでしょう。

 

ただし、台湾の場合、マスクの供給に政府が介入し、

供給コントロールをしているそうですので、

jp.taiwantoday.tw


中国で同様の処置がとられた場合は、影響大だと思いますが、

今のところそのような動向はありません。

 

と言うか、流石に市場規模が大きすぎて、

中国政府でもマスク供給量のコントロールは難しいと思います。

 

入荷の目途は?

 少し調査をしてみた感じだと、

2009年の新型インフルエンザの流行期にも

マスクの品切れ問題は発生していた様です。

 

当時の感じだと、

売り場からマスクがなくなってから3週間程度で、

手に入る状態に回復したそうです。

 

今回は、

世界的な流行であること、

中国からのインバウンド客の数が

2009年679万人

2018年3,119万人

出所:訪日外客数・出国日本人数データ|統計・データ|日本政府観光局(JNTO)

 

と急激に伸びてはいますが、

流石に生産面も10年前に比べると効率化していると考えられますので、

概ね1カ月以内には供給は正常に戻る

予測しています。

 

マスクがない人は、どうすれば良いの?

 

家にマスクが一つもなく、手に入らない方は、

どうすれば良いの?

と言う疑問があると思います。

 

マスクは確かに予防策の一つではありますが、
マスク以上に有効な対策は手洗い・うがいです。

 

情報に踊らされて、

法外な価格のマスクを買うことはないようにしましょう。