【スポンサーリンク】

現役外資系コンサルタント虎の巻 就職・転職希望者必見

コンサルティング業界の実情から採用面接時のポイントまで現役の外資系コンサルタントの視点から切り込みます。たまに時事問題についても語る予定です。

キャリアプランについて

 最近よく考えていることがあります。

それはキャリアプランについてです。

 

業界柄ずっと、定年まで働くことは厳しい部分があり、

今後どうするのかということは絶対に考えないといけない問題です。

 

 

キャリアのプラン

 

新卒プロパーでコンサルティング会社に入社する人の場合、

最終的には役員(ディレクター、パートナー)になりたいという野心を抱く人も

一定数いるかもしれません。

 

 一方で、特に中途入社の方の場合、そんな先までのキャリアを絶対コンサルタントとしてやり遂げたいと考えている人はごく一部だと思います。

少数、そんな強い思いをもって入社する方もいるかもしれませんが、

そんな方は逆に途中で病んでしまう可能性も高いです。

 

 

出口の戦略

転職先として一番多いのは、私の感覚では競合他社です。 

 

特にコンサル業界では現在、人手不足のファームが多いので、

ランク・給与UPに魅力を感じて、昔の同僚に誘われて転職する人が多いです。

 

特にコンサルタントの給与水準は一般企業と比べると

高水準な傾向にあるので、給与ダウンせずに転職できるということはかなり魅力的です。

 

ただし、コンサルからコンサルへの横滑りの場合、ワークライフバランスも改善しませんし、業務内容も大きな変化はないでしょう。

 

そのほか、M&A領域の経験者の場合、ファンドへ転職し、ワークライフバランス、給与水準維持というポジティブな転職をする方も多いです

 

その他では、IT系企業の場合、給与水準は維持できる傾向にあるようです。

また少数ではありますが、IPO狙いで小規模な企業に移る方もいます。

 

一般的には、事業会社に移る場合は、かなりの大手で手当が厚い会社を除くと

総収入を維持することは難しいと思います。

 

コンサル卒業を成功させるには、うまく転職エージェントと連携を取りながら、

常に出口を探るための情報収集を行うことが大切です。